過払いの問題について

img-1

金融機関からお金を借りた時は、利息分をつけて返済する必要があります。



実はその時に金融機関が過剰に利息をとっていることがあり、そういう問題を過払いといいます。



この問題は実は広範囲で行われていて、以前は色々な金融機関が過剰に金利をとっていました。



大手のクレジットカード会社が行っていた例もあり、多くの人が利用していた金融機関でもよく行われていました。



そのためこの過払いの問題は一般の人も関係していることが多く、知らぬ間に自分が関わっていることもあります。

ただ過払いの問題は過去の借り入れを計算しなおして、過剰に利息を払っていないかを調べないとわかりません。

ですから一般の人が行うのは難しいのですけど、最近はこのような手続きを頼める業者が増えてきています。



依頼できるところとしては弁護士がありますが、司法書士の業者に頼めることも多いです。



そしてこの過剰に利息を支払った問題が大きくなりやすいのは、多く払った利息のお金が元金の返済にあてられるからです。

つまり過剰に支払った利息はその分元金の支払いをした扱いになり、その影響で返済期間が短くなります。



返済期間が短くなれば返済が終わった後で支払った分は、利息を全て過剰に支払ったことになるので大きな問題になります。
過払いの問題が重要なのは実はすでに返済を終えているのに、その後も返済をし続けているケースが多いことです。



そのためその分の返済の負担も考えると、莫大な金額を負担しているケースがあります。ですからこのような問題への対応は重要で、上手く対策をすれば大きな利益になるケースも存在します。

関連リンク

img-2
利息に関する過払いの問題を処理する

利息に関する過払いの問題を処理すれば、余分に支払った返済分を全て取り返すことができます。過払い金の問題については、お金を返済している本人が多くのお金を返済しすぎていることに気づかないことが多いため本当に注意をしなくてはいけません。...

more
img-2
過払い金の発生知らずに和解してしまった時

過払い金が発生しているにもかかわらず、債務者がそれを知らずに和解してしてしまうことはよくあるものです。そこで諦める必要はありません。...

more
top