利息に関する過払いの問題を処理する

img-1

利息に関する過払いの問題を処理すれば、余分に支払った返済分を全て取り返すことができます。



過払い金の問題については、お金を返済している本人が多くのお金を返済しすぎていることに気づかないことが多いため本当に注意をしなくてはいけません。



一度でも貸金業者でお金を借りたことがある経験があるのならば、きちんと法律家に相談して過払いが生じていないかを調べることが大切です。
原則として、過払い金は貸金に関する法改正があった以前の問題です。



これは、利息に関する法律によって生じたいわゆるグレーゾーンについての問題であるためこの概念を知らないと話を理解することが出来ません。



そのため、前提知識として返還を求めるのならば知っておく必要があるのです。



貸金の利息に関しては、利息制限法と出資法の二つの法律によってその上限が決められていました。しかし、二つの法律があることそのものが異常な事態だったわけで、貸金業者も二つの内でも好きな法律を選択することが出来たのです。



特に、後者の出資法に関しては利息制限法よりも上限金利が高いというメリットがあったので、貸金業者は積極的にこの法律を利用しました。

この金利の上限分の違いがそのまま過払いという問題になって現れたのです。



このように見ると、貸金業者に対する支払いと言うのは違法であるとは言えないまでも、貸金業者の過失はあると言えます。

だからこそ、法改正も相まって現在では容易に返還請求を行うことが可能なのです。



関連リンク

img-2
過払い金の発生知らずに和解してしまった時

過払い金が発生しているにもかかわらず、債務者がそれを知らずに和解してしてしまうことはよくあるものです。そこで諦める必要はありません。...

more
img-2
過払い金返還請求は自分でできるのか

過払い金返還請求は、司法書士や弁護士といった法律の専門家に依頼するのが一般的です。しかし自分で行うことができないということではありません。...

more
top